Hello!World!

('ヮ')<はろー!わーるど!

【MILLET】MOUNT SHASTA買って、パッキングして、登ってみた!

 

どうも、さくもちです('ヮ')

ずっと紹介したかったモノがやっとこさ紹介できるとこまで来たので書いていきます。

 

◆開封編

「ばばーん!と登場したのは黄土色のハコォ!ふむ…アメリカ語がかいてあるけれどもももぉ?」

「色々ツッコミ所があるけれど、取りあえずやたらデカイ箱だな()」

「あーこの梱包感・・・輸入品ですね、ワカリマス」

「中身はミレーのバックパック、マウントシャスタでした!55+10Lって書いたるから…えーと・・・めちゃくちゃ詰め込めるネ!!」

「テキトーか!まあ、おっきい箱に入ってただけあってかなりごっつい感じだな、あとやたらめったらベルトがついてるな。」

「一般的に登山リュックといわれるものはこんな感じヨー、リュック自体のバランスを高めたりとか身体とフィットさせたりとか色々な役割がアルノデス。」

 

「・・・というかこれペチャンコにして送ってくれれば、こんなデカい段ボール受け取らずに済んだのでは?」

「いや、まあ型崩れしないように気を使ってくれたんでしょ()」

 

◆パッキング編

「というわけで取りあえず詰めてみた、適当に詰め込んだらチェアが入んなかったので外側に・・・」

「あれだな、今まで適当にギアを買ってきたツケが回ってきたな()」

「軽量かつコンパクトなギアに買い替えるのデス・・・」

「あびゃー!」

 

「・・・というわけで(二回目)ギアの方もちょいちょい見直したり新調した結果がコチラ!!!」

「さらばキャプテンスタッグのローテーブル、おいでませオゼンライト。」

「あとマットもサーマレストのに変えたりしてるんだけど、そもそもどこまでブログで紹介してたっけ?」

「・・・うーむ、やっぱりこれじゃわかりずらいカナー。」

 

「ハイッ↑というわけでェ!(三回目)ちゃちゃっと、品目を書いてみました!これならわかりやすい!」

「やけくそ感がスゴイ」

「地味に写真撮るようになったので三脚とか増えちゃってるんだよね、後次のキャンプは暑い(予定)なのでインナーシーツだけ持ってって寝ようとしてるよ。」

「まーた嫌なフラグが見える見える。」

 

「二度目の詰め詰めじゃ!今度は全部入りきったし、まだ着替えとか入れるスペースも十分びあるよヒャッホイ!!!」

「まだ蓋側の+10Lも余ってるし、やっとこのリュック本来のモチベーションを引き出せてきた気がするな。」

「ポイントはマットの入れ方にあり、コの字とかで入れる人もいたりするから詳しくは調べてみるとイイヨ。」

 

◆登山編

「とはいえ、こんだけ詰め込んでどれだけ行動できるかが気になる所!」

「バックパックは背負ってなんぼだからなぁ、実際やってみんと・・・」

「・・・そいじゃ、さくもちさんおねがいシマース(投)」

 

・・・どうもさくもちです('ヮ')<ヤァ

やっぱりどれだけ詰め込めようが移動できなければお話にならないので、実際の負荷具合を確かめるために手頃な山に登ってきました_(:3」∠)_

バックパックに詰め込むものは変えず(+水筒と食料とか)もう「ここをキャンプ地とする!」とか言われても全然ダメージのない装備で登っていきます、かなりオーバースペックです('ω')

 

・・・で特にハプニングとかもなかったので(一回道を間違えて二つの登山道を制覇することになったぐらい)感想に移りますが('ω')

まず登山を終えて痛みが出たのは鎖骨あたりと足だけでした。

鎖骨が痛かったのは多分チェストベルトの閉めすぎなので、次回は気を付けるとして足以外に痛みが出なかったのは優秀だなーと感じます、普通肩とか痛くなりそうなもんですけどね、ごついウエストベルトのお陰かもしれませんアリガタヤー。

 

あと使用感ですが、ウエストポケットがアクセスしやすくとにかく便利です。

このバックパックは左ポケットを二倍に拡張できるので、色々入ります、夢がッ・・・広がるッ!!

ただサイドポケットに水筒入れて登ってたんですが、背負ったままだとギリギリ取れるか取れないかって感じの距離感なので、後半は諦めて片方の肩から降ろしてバックパックを横向きにしつつ水筒取ってました。ちょっとめんどくさかったです()

(そこにハイドレーションシステムがあるじゃろ^^)

ただ今回の登山で「徒歩キャンいけるぞ!」という確信は得れたのでサティスファクションです\('ヮ')/

あと頂上で食べるカップスープはオイシイ!(確信)

以上!大型バックパックを背負っての登山レポートでした('ヮ')ノシ

 

「はい!そんな感じ!!おしまい!!!」

「まとめが適当すぎやしないか()」

「・・・あと他にも使えてない機能がこのバックパックにはあったりするんだけど、それはまた後々かな・・・特に推したいのは上蓋部分がショルダーバックになる機能ダネ。」

「お!違和感そんなにないな!」

「テントの中に本体置いてって上蓋部分だけしょってゴー!できちゃうのね!」

「そうそう、で後はスピードポールホルダーってのが(ry」

「アババババーーーッ!長くなりそうだから終わりッ!また今度の機会に!じゃあの!!!!」

 

おしまい。

 

 

◆おまけ(おしゃしん)

※全てGR3にて撮影  

 

「結局飯テロじゃねえか!」